×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日比谷高校の概略

日比谷高校は、府立一中の伝統を持つ歴史のある高校です。東京都内だけでなく、日本を代表する伝統ある高校です。卒業者には夏目漱石、横山大観、小林秀雄等幾多の著名人を輩出しています。場所は国会議事堂を見下ろす日本の中心地に位置するするところにあります。近年の日比谷ルネッサンスと呼ばれる改革がなされ、東大等の進学実績が急上昇中です。東大をはじめとして、難関大学に現役で、多数の合格者を輩出しています。優秀な教師が揃っており、進路指導も非常に充実しています。講習や模試も頻繁に行われる充実した環境が魅力的である。

日比谷高校の特徴

 9時限まである時間割、随時開かれる補習や、100講座を超える夏期講習、説明会でこれらを聞くと勉強ばかりの学校生活でスパルタ式ではないもかと思われます。しかし、それは大きな誤解です。通常授業は7時限までに収まっています。8時限と9時限は第二外国語や、さらに勉強を進めたい人、ゆっくりと理解を深めたい人のための選択講座です。興味のある分野があれば、友達とグループを作って先生に講義をお願いすることも出来る。これも、8・9時限に含まれる。つまり、授業時間帯は中学と同じで、これに自分の興味や勉強の進み具合に応じて、勉強できる時間が用意されているのです。また、夏休みの講習も膨大な数が用意されていますが、これも選択制です。受講するもしないも、まったくの自由です。誤解する人も多いようですが、日比谷j高校は決して強制しません。

日比谷高校が目指す進学

 日比谷高校の特徴、その宿命は、東大合格者数が注目されることにある。他の都立高校と比べると、日比谷高校の生徒の東大志向は極めて高い。男子も女子も東大を目指す志の高い生徒が東京都内全域から集まって来るので、東大志望の生徒にとっては非常に目指しやすい環境といえる。近年は東大だけでなく、全ての難関大学合格者数が激増している。早慶付属高校に受かっても、日比谷高校に進学することが当たり前となってきている。今後も、東大合格者数は増加していくであろうと思われる。日比谷高校は生徒に数値目標を掲げているが、それは、生徒を束縛するものではなく、あくまで、書誌貫徹を目標としている。日比谷高校は決して、特定の大学を強制したりはしません。日比谷高校が一番望まないことは、生徒の不本意な進学です。